top of page

内藤とうがらしは、江戸時代の宿場町、内藤新宿で育てられた野菜のひとつ。
当時、蕎麦が流行していた江戸では、薬味として瞬く間に人気となり、新宿近郊の農家がこぞって栽培をしていました。
内藤とうがらしは地域ブランドとして確立されていましたが、やがて新宿宿場の繁栄の中で、畑がなくなり、新宿から唐辛子の栽培がなくなりました。
それから約400年経ち、2010年に内藤とうがらしプロジェクトが発足。長い眠りから目覚め内藤とうがらしは現代に復活しました! 現在では、伝統の江戸東京野菜に認定され、歴史ある新宿の名物として再び脚光を浴びています。

そんな内藤とうがらしを使用した、青のりや和山椒の香りが禿頭の江戸風味七色と、柚子香るSHINJUKU-SHICHIMI(新宿七味)の3袋ずつのセットです。

成分表示はこちら

内容量:10g×6袋
産地:新宿区

 


### この行から下は送料計算に利用します。購入者には表示されません。###
配送元:関東
サイズ:0
クール宅急便:利用しない
送料割引:0
小計割引:0
area_prefecture:SHOP_17_area_prefecture
cool_shipping:SHOP_17_cool_shipping
shipping_price:SHOP_17_shipping_price
option_01:カート有効
option_02:
option_03:
option_04:
option_05:
option_06:
option_07:
option_08:
option_09:
option_10:

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内藤とうがらし 七色ミックス6袋セット(江戸風味七色×3袋/SHINJUKU-SHICHIMI(新宿七味)×3袋)

¥3,450価格
SGMロゴ.png
商品名

商品詳細

価格

数量

送料について

複数店舗または複数種類の商品をお買い上げいただいた場合、おまとめせず別の梱包でお送りしますので、それぞれ送料がかかります。

あらかじめご了承ください。

bottom of page